So-net無料ブログ作成

ラプチャー破裂医療系?ノオミ・ラパス主演ホラー映画の視聴感想 [ホラー]

ノオミ・ラパス主演映画『ラプチャー 破裂』を視聴したので感想を書きます。

※ここから先はネタバレしています。



ノオミ・ラパスさんは映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』シリーズで
主人公リスベット役を演じている女優さんです。

この映画はスウェーデンの映画で後にハリウッドリメイクもされましたね。

ラパスさんはこの映画で注目されるようになり、
映画『シャーロック・ホームズシャドウゲーム』に出演しました。



シャーロック以降もハリウッド映画にちょくちょく出演されていますね。

映画『エイリアン』の前日譚を描いた映画『プロメテウス』とか。

レイチェル・マクアダムスさんとはシャーロックだけではなく
映画『パッション』でも共演されています。



映画『ラプチャー~』は医療系の映画になるのかなと思いますが、
よくわかりませんでした。



映画『ラプチャー破裂』のあらすじは以下のとおりです。
レネーが一人息子を離婚した夫に預けて友人と待ち合わせの場所へ向かう途中 車がパンクしてしまいます。

路肩に停めてタイヤの様子を見ているとトラックが停車し男が 手伝おうかと声をかけ、レネーはタイヤ交換を手伝ってもらいます。

トラックからもうひとりが降りてきてタバコを吸いながら周囲を伺い、 合図をすると男たちはレネーを捕らえてトラックの荷台へ。

彼らはレネーを拘束し移動、途中ガソリンスタンドに立ち止まり、 初老の女性がレネーに睡眠薬入りの飲み物を飲ませました。


目覚めるととある建物内にいてベッドに横たえられています。

手足は拘束されてい動けず、隣にいる同じ状況の男はG10-12xを忘れるなと レネーに言いました。


個室に入れられたレネーに男と女は身長や体重アレルギーなどについて質問、 血圧などを測り退室。

レネーは隠し持っていたカッターで手の拘束をとこうと試みますが途中で カッターを落としてしまいました。


先程の女と別の男が入室、レネーに注射を打ち、レネーは息子が叫ぶ夢などを 見ました。

レネーが目覚めると部屋に戻されていて再び移動、天井からカバーが 降りてきて右腕を覆い、蜘蛛が管を通って右腕へ。

蜘蛛嫌いのレネーは止めてと懇願しますが女と男は微動だにせず。

女性はレネーの様子を見て中止するよう指示、男は中止しました。


部屋に戻され一人になったレネーは途中まで切った拘束具を引っ張り 片手を自由にすると他の拘束具をすべて取り去りました。

通気口の金網を固定しているネジをカッターで取り除き、通気口を 通って脱出を図ります。

進む途中で自分と同じように苦手なものを与えられている人を目撃しました。


レネーは通風孔の中ではしごを見つけて登りますが、金網を外すことが出来ず そこからの脱出を断念。

建物内をうろつきエレベーターから脱出を試みるも職員の手首に巻かれている バンドがないと動かせませんでした。

レネーは部屋に戻り再び拘束具を身に着けます。

しばらくすると女性が注射を死に現れ、注射の前に女性は抵抗の意思を見せる レネーに自分の本当の姿だとコンタクトを取り顔を変異させました。


元の顔に戻しレネーに近づいた女性をレネーは注射で刺し、意識を失った女性を 連れてエレベーターへ。

別の階で降りて逃げ惑うレネーでしたが、閉じ込められて眠らされました。

目覚めると広い個室にいて、点滴を受けていました。


男たちや女たちが現れレネーに抵抗しないよう告げて、椅子に座らせて 頭にカバーを装着、彼らは別室へ。

カバーに大量の蜘蛛が入れられレネーは激しく絶叫、少しして手足が自由と なり、レネーはカバーを外そうと試みます。

頭を打ち付けてもカバーは外れずれませんでした。


しばらく絶叫していたレネーでしたが突然叫ぶのを止めると、顔が変形、 もとに戻りました。

レネーは家に帰されました。

後日家に男たちが現れ息子を連れて行こうとし、彼らが階段を上がっている スキにレネーは息子にメール。 息子は窓から脱出、自転車で逃走しました。




映画『ラプチャー破裂』の予告編(英語音声・日本語字幕あり)



映画『ラプチャー破裂』の本編映像





彼らが何者なのかは不明ですが、人類は地球にとって良くないと
考えているようです。

アメリカのドラマで時々見かけます。

人類が多すぎるから数を減らそうとしたりしますが、大抵本人やその人が
大事にしている人たちは無事なようの取り計らっていたりします。



こういう人たちが登場するのは刑事ドラマだから、犯人を捕まえるために
そうしているだけかもしれません。

でも自分は死にたくないけど人類は減らしたいというのはどうなのでしょう?

生きている以上死ぬことを怖がるのは当然ですが、他の人は殺しても良い
みたいな考え方は納得できません。



映画『ラプチャー~』に登場した人たちは人類はウイルスだからと
言っていました。

行動を起こす前にまずは仲間を増やそうとしているようで、レネーは
仲間になれると選ばれたようです。

選ばれる基準は『G10-12X』という遺伝子を持っていることみたいです。



レネーはどうやって調べられたのかは分かりませんが、家には既に
監視カメラがあって別れた夫の家にもあるようでした。

どうやって特定したのでしょう?

健康診断とかで?



レネーはトラックの荷台で運ばれる前にズボンを脱がされました。

長距離移動するためズボンを汚さないためらしいですが、そのズボンの
ポケットにカッターナイフが入っていました。

拘束されていましたがトイレのためと片足だけ拘束を解かれていました。



そのためレネーはなんとかしてズボンを手繰り寄せてポケットからカッターを
取り出して靴の中に隠すことに成功しました。

レネーの職業は分かりませんが、ずいぶん冷静に対処しましたね。

あれですぐに拘束をとこうとしそうなものですが。



というか、レネーは従順な性格なのかもしれません。

彼らはレネーを運んでいる途中ガソリンスタンドに立ち寄りましたが、
その時レネーは初老の女性から飲み物を貰っていました。

よく飲めたなと。



飲んだ後に女性は睡眠薬が入っていると言い、レネーは吐き出そうと
しますが、女性に頭を抑えられて飲み込むよう言われます。

そして素直に飲み込みました。



レネーは顔をガムテープでぐるぐる巻きにされていて、口も覆われています。

女性はそのガムテープをナイフで切りましたが、その時も大人しかったです。

もうちょっと抵抗してもよさそうですけどね。



捕まる時スタンガンを使われたから体の自由がまだ効かないのかも
しれませんが、もう少し抵抗の意思を示しても良い気がします。

まあ人それぞれですけど。



建物に移動した後も、質問に反抗的な態度を示すことなく答えていました。

疑問はいろいろあるみたいでしたが、身長体重やアレルギーを聞かれたり
子供は何人いて本当は何人ほしいかとかも聞かれていました。

悪態をつくことなく質問に答えたり、態度で示したり。



一人になると逃げようとしますが、彼らの前では割りと素直に従っている
ように見えました。

スキを伺っていただけかもしれませんが、どうなのでしょう?



レネーは拘束具を切るためにカッターを使っていましたが、落として
しまいました。

でもものの陰に隠れたためか、いつまで経ってもそこに落ちている
ままでした。

おかげでレネーは通気口から脱出をして逃げようと試みることが
出来ましたが。



通気口に入る前に部屋の棚からテーピングを持ち出していました。

テーピングのある場所などは彼らの1人がそこから取り出しているのを
見ていて分かっていました。

それを目印に使ったり、カッターをなくさないよう手首に固定するのに
使ったり。



彼らの一人も言っていましたが、かなり冷静です。

私ならカッターを持ってさっさと通気口から逃げ出していたと思いますが
通気口はどこも同じようだから彷徨うことになったでしょう。



彼らはレネーが逃げたことに気づいていましたが放置していたようです。

なぜ放置したのかは分かりませんが、逃げられないと思っていたから
かもしれません。

そんな立派な施設には思えませんでしたけどね。



そしてレネーは彼らと同じになりました。

進化と彼らは呼んでいましたが、化け物になることが進化とは思えません。

人の感覚とか愛情が薄れると彼らは言っていましたが、レネーは息子を
守りました。



感覚や愛情は徐々に薄れるそうです。

なんで彼らは小出しに小出しにするのでしょう?

というか、人の感情が残っている間は監禁しておいたほうが良かったのでは
ないかなと。



だってそうしないと息子を逃したり、元夫に事情を話して息子を遠くへ
連れて行くよう言ったかもしれません。

詰めが甘いと個人的に思いました。



レネーが変異するきっかけになった顔にカバーを付けて蜘蛛を入れる
というのは、蜘蛛恐怖症でなくとも嫌ですね。

レネーは絶叫していましたが、あんなに大きな口を開けていたら
蜘蛛が入ったと思います。

よく失神しなかったものですね。



家に彼らが着て息子を捉えようとした時レネーは助けに行きませんでしたが、
息子もレネーのもとへ駆け寄りませんでした。

助けを求めたのに助けてくれなかったから?

それとも『危険だから逃げて!』というメールを貰ったから?



息子は逃げることが出来ましたが、彼らは息子を諦めるつもりは
ないみたいです。

彼らと同じになって子供を埋めるのはレネーだけらしく、
その遺伝子を継いでいる息子は貴重だからかもしれません。

もし続編を作るのなら母子の逃走劇になりそうです。



まあ続編が作られることはないでしょうね。

正直面白くありませんでした。

TVで放送していて暇だったらながら観をしたかもしれませんが、
途中で消しちゃうかもしれません。



ラパスさんはどうしてこの映画に出演しようと思ったのでしょう?

そう思ってしまうくらい面白くありませんでした。


どの程度なのか興味がある人は現在dTVで映画『ラプチャー破裂』が
見放題配信されています。

30日間無料もあるのでどうぞ。
↓  ↓  ↓

※本作品の配信情報は2019年4月●日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

以上です。

関連記事
ハーモニーオブザデッドのネタバレ視聴感想
フラットライナーズ 2017 ネタバレ視聴感想
高慢と偏見とゾンビのネタバレやあらすじ視聴感想
ny心霊捜査官実話が元になっている映画の視聴感想
地下に潜む怪人映画ネタバレと視聴感想





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。