So-net無料ブログ作成

ハーモニーオブザデッドのネタバレ視聴感想 [ホラー]

映画『ハーモニー・オブ・ザ・デッド』を視聴したので感想を書きます。
※ここから先はネタバレしています。



映画『ハーモニー・オブ・ザ・デッド 』はスペインとハンガリー合作の
ゾンビ映画です。

日本に入ってくる外国映画はアメリカとかイギリス、スペインやフランスが
中心かなと個人的に思います。

だからスペインとハンガリー合作というのは新鮮です。



話されている言葉は英語なので海外展開を視野に作られた映画なのかも
しれません。

まあ両国の言葉の違いから英語を選んだだけかもしれませんけど。

と思ったら、主演俳優がアメリカ人でした。



主演を努めているマシュー・フォックスさんはドラマ『LOST』で
ジャックを演じた俳優さんです。

プラッド・ピット主演映画『ワールド・ウォーZ』にも出演していたようです。

ドラマより映画に軸を移したのかもしれませんね。



映画『ハーモニー・オブ・ザ・デッド』のあらすじか以下のとおりです。
人が凶暴になるウイルスが蔓延しバスで避難場所へ向かっていると 前方に停車しているバスが。

兵士が様子を見に行くと怪物に襲われ、バスにも怪物が乗り込んできました。

パトリクとジャックがエマと赤ちゃんのもとへ向かい、群がっていた怪物を 倒すもエマが噛まれてしまっていました。


9年後、パトリックは子供ルーを育てながら、ジャックは犬と一緒に 隣り同士で暮らすも言葉をかわすことはありません。

ルーの誕生日の日、ジャックは食料やルーのプレゼントを取りに行った倉庫で 怪物と遭遇。

家の近くで怪物に襲われ、パトリックは銃を構えるも発砲せず、ジャックは 噛まれるも、犬の犠牲のおかげで殺されずに済みました。


ジャックは噛まれたが怪物になることはありませんでした。

ルーは犬の墓に花を供えるために夜一人でフェンスの外へ出て 怪物に遭遇しました。

気づいたパトリックが外へ出て怪物と素手で戦い負傷、ジャックが 発砲、怪物を捕えることに成功しました。


パトリックはジャックの家で手当を受け、パトリックは娘とともに 家に帰ります。

ルーはジャックの家にトランシーバーを残していて、食事に誘いました。


食事の席でパトリックとジャックは楽しそうに話をしました。

ジャックは帰る前にエマの車について話し、パトリックは家を離れる つもりはないと告げました。


その日の夜ルーは悪夢を見て叫びながら目覚めパトリックは安心するよう 告げます。

翌朝パトリックはルーとともにじゃっくのもとへ、車の整備をしている ジャックに一緒に連れて行ってほしいと頼み、ジャックは快諾。

3人は車で倉庫に向かい、必要なものを得て倉庫から出ました。


車に戻ろうとした3人の前に妊娠中の女性が現れ倒れてしまい、 3人はジャックの家に女性を運びました。

女性は意識を取り戻し、家族で家から離れ生存者グループと合流、 移動したいたら怪物の群れに襲われたと話しました。

外につないでる怪物が叫び声を上げ、女性は怪物を射殺し仲間を呼んだと 告げました。


襲撃に備えて窓を塞ぎ、あるだけの銃に弾をこめました。

しばらくして怪物が多数現れパトリックはルーに地下にいるよう告げ、 ルーは地下へ降りて怪物と遭遇しました。


パトリックは2回で怪物と遭遇し戦闘、1階では女性とジャックが外にいる 怪物に発砲していきます。

音楽を大音量で流し怪物たちの足止めをして次々倒していきますが、 燃料切れとなってしまいました。

ジャックが囮となって外へ出て怪物をひきつけ、パトリックたちは車に 乗り込み脱出しました。




映画『ハーモニー・オブ・ザ・デッド』の予告(英語音声・日本語字幕あり)




パトリックとジャックは兄弟のようですが、最初エマはどちらの子供を
生んだのかわかりませんでした。

エマの娘であるルーがパトリックと一緒に住んでいるからパトリックの
子供なのかと思いましたが、ちがいました。

ルーはジャックの子供でしたが、エマを失った後ジャックがアルコールに逃げ
見かねたパトリックが子供を取り上げ育てることにしたようです。



冒頭では一緒にいた2人が9年後に口を利かなくなったのはジャックが原因
だったようです。

しかしだからってパトリックはジャックが襲われても助けてやらない
というのは酷すぎると思います。

パトリックはそのことについてジャック本人に謝罪して、ジャック自体は
気にしていない様子でした。



ルーはお転婆という感じではありませんが、何かにつけて父親の言いつけを
破ってしまうことでした。

おかげで怪物に襲われてしまいました。

誰も死ななかったのは良かったですが、下手したらルーやパトリックは
命を落としていたでしょう。



ルーの誕生日でパトリックとジャックは仲直りをしたように見えましたし、
その後も話をするようになりました。

まあ必要だから話していただけかもしれませんけど。



人がウイルスに感染して人を襲うようになるという映画やドラマでは
噛まれた人は感染してしまいます。

しかしこの映画では当初噛まれた人は怪物になってしまっていたようですが、
時間の経過とともにその力は失われたようです。

視力も退化したようですが、聴覚は鋭くなり皮膚も厚くなったようです。



怪我をしてもすぐに傷が塞がり、裸同然ですが寒さにも強いみたいです。

頭をどうにかすると倒せるというのは他の映画やドラマと同じですね。



彼らが住んでいるハーモニーという町には彼ら3人だけしか住んでいない
ようですが、よそにも生存者がいるみたいですね。

彼らの街に現れた女性はそう言っていたし、女性は妊娠していましたから。



どのくらい生き残っているかは不明ですが、ジャックの無線に応答する
人がいたからかなり生き残っているのかもしれません。

無線の声は男性と女性があり、男性はジャックにパトリックを殺すよう
言っていたりしていました。

てっきりジャックの幻聴なのかと思いましたが、ルーは女性の声を
聞いていましたから、幻聴ではないようです。



怪物の群れに襲われた時、地下にいたルーの前に怪物が現れるも、
ルーは一人で対処しました。

大きな箱に手にしていた音の出る人形を入れて、音を出しておびき寄せて
箱に閉じ込めていました。

叫び声をあげず逃げ惑うだけではなく、自分ひとりでどうにかする策を
練って実行するとは賢く勇敢な少女ですね。



ジャックは囮になる時ルーに自分が本当の父親だと打ち明けるのかと
思いましたが、言いませんでした。

パトリックはいつか打ち明けるでしょうか?



ジャックの犠牲のおかげで怪物の群れから逃げることに成功した
パトリックたちですが、もう家には戻れませんね。

ジャックが怪物にやられた時、手にしていた発煙筒の火が
燃料に印加して爆発してしまいましたから。

彼らは安全だと言われている場所を目指すのかもしれませんが、そこは
ハーモニーから離れているらしいです。



映画は崖の上から夜が明けた大地を見下ろす3人で終わりました。

続編を考えてこの終わり方なのでしょうか?

それとも家から決して離れず、人として生きていると言えない状況下にいた
パトリックが外へ出る決心をしたことを現した終わり方なのでしょうか?



アメリカ映画と違って派手さはありませんが、人物が描かれていて
いい映画だと思いました。


現在dTVで映画『ハーモニー・オブ・ザ・デッド 』が
見放題配信されています。

興味のある方は30日間無料もあるのでどうぞ。
↓  ↓  ↓

※本作品の配信情報は2019年4月●日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

以上です。

関連記事
サンズオブザデッドネタバレゾンビ映画だけと他とちょっと違う
フラットライナーズ ネタバレ 1990年版を視聴した感想
映画『ライフ』ジェイク・ギレンホール主演SFホラー
高慢と偏見とゾンビのネタバレやあらすじ視聴感想
地下に潜む怪人映画ネタバレと視聴感想





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。