So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ランペイジ吹き替えを視聴した感想 [アニマル]

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』の吹替版を視聴したので感想を書きます。
※ここから先はネタバレしています。



ドウェイン・ジョンソン主演の怪獣映画で、
アメリカではかなりヒットしたそうですね。

私はドウェイン・ジョンソンの映画は『ワイルド・スピード』シリーズと
映画『スコーピオン・キング』くらいしか見たことがアリませんでした。

どちらも強い男性役ですが、今回は強さだけではなく動物学者ということで
今までとちょっと違いますね。

まあ元特殊部隊にいたという設定らしいですけど。



映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』のあらすじは以下のとおりです。
エナジー社は宇宙で違法な遺伝子操作の実験を行っていましたが、 実験動物のネズミが暴走死クルーの殆どを殺害してしまいました。

生き残ったクルーが散歩ると共に脱出ポットに乗り込み宇宙ステーションを 離れましたが、ネズミのせいで窓が割れてポットは爆発。

サンプルは地球の野生の狼がいる場所、ワニが生息する場所、 づ物保護地区の3箇所に落下してしまいました。


保護地区にはアルビノのゴリラジョージがいて、動物学者デイビス・オコイエと 手話で会話をするほどなついています。

ジョージは落下してきたサンプルを浴びて巨大化、熊をおそたため 隔離されました。


エナジー社のワイデン姉弟はサンプル採集を試みますが、 破損していて周囲に巨大化した動物がいることを知り、捕獲に乗り出します。

契約をしている民間の軍事会社に改修を依頼しますが、全滅してしまいました。


デイビスのもとにエナジー社の研究員だというケイト・コールドウェル博士が現れ 事情を説明、助けられると協力を申し出ました。

ジョージは暴れだして隔離していた折を破壊、外で暴れまわりますが、 政府機関が捕獲、デイビスと毛糸も捕まってしまいました。


ワイデン姉弟は動物たちを捕まえてサンプルを売ることを思いつき、 低周波を使って彼らをおびき寄せようとします。


飛行機で移送されている途中、低周波で目を覚ましたジョージは機内で暴れ、 飛行機は墜落の危機に。

ケイトにパラシュートを付けて先に外へ出し、デイビスは政府の捜査官ラッセル 助けて一緒に脱出。

3人はジョージが生きていてどこかへ向かったことを知り 協力することにしました。


デイビスたちは米軍と合流するが指揮官はデイビスたちの話を無視、 デイビスたちは独自に動くことにしました。

ジョージと狼が同じ方向へ向かっていると知り、ヘリを強奪して デイビスとケイトは向かいました。


米軍はジョージと狼に攻撃をして街に入るのを止めようとしますが、 効果がありません。

巨大化したワニが川から現れ2匹と同じ方向へ向かい、米軍はMOABによる 街の空爆を決定、ラッセルはそのことをデイビスたちに電話で知らせました。


デイビスたちは解毒剤があるはずとエナジー社ヘ向かい、解毒剤を発見するも ワイデン姉弟に捕まってしまいました。

ワイデン姉弟のクレアはデイビスに発砲、クレアを拉致しようとしますが 低周波を出しているアンテナを壊そうと現れたジョージたちに阻まれます。

弟は逃げ出し、急所を外れていたデイビスも現れました。

スキを突いてケイトはクレアのバッグに解毒剤を入れ、デイビスがジョージの 注意を引いて、ジョージにクレアごとバックを食べさせました。


ビルが倒壊する中、デイビスとケイトはヘリで脱出。

ジョージが我に返り、ケイトを逃してデイビスとジョージは狼と わに倒すために協力して戦うことに。

デイビスたちはワニを使って狼を倒し、ワニを倒そうと奮闘するも なかなか倒せず、ジョージは深手を負ってしまいました。

ジョージを助けようとデイビスは奮闘、ジョージも頑張り見事ワニを倒すことに 成功しました。

それをモニターしていた米軍は空爆を中止しました。

デイビスたちのもとに駆け付けたラッセル時計とともに デイビスとジョージはその場をあとにしました。




映画『ランペイジ』の予告(英語・日本語字幕)




正直あまり興味がありませんでしたが、結構面白かったです。

動物が巨大化して街を破壊するというのは時々見かけますが、
巨大化する動物が人と信頼関係を持っているというのは
珍しい設定ですね。

ゴリラのジョージはデイビスと手話でジョークを
言い合う間柄です。

素敵ですが、ジョークがちょっと下品というか、
ゴリラに中指を建てさせるのはどうかなと。



手話をするゴリラというのは実際に存在していますね。

日本では聞いたことがアリませんが、ヨーロッパに
いたと記憶しています。

教えればどんなゴリラでも覚えるのでしょうか?



宇宙での実験は違法なもので、だからこそ宇宙で行っていたようです。

実験動物のラットは巨大化してクルーに襲いかかり、生き残った人は
なんとか逃げようとしていましたが、サンプルを持ち帰らないと助けないと
ワイデン姉弟のクレア。

金儲けにしか興味が無いようですね。

弟は姉のいうことにただ従うだけという感じ。

あんなんでよくまあ会社を経営してこられたものです。



サンプルを取りに行かせたことでクリーはラットに見つかり、
なんとか脱出用ポットに逃げ込むことができましたが、
ラットが窓に傷をつけてしまいました。

そのせいで脱出用ポット窓は割れてポットは爆発、サンプルは爆発に
耐えることができましたが、地表との衝突でことごとく破損。

中身が出てしまいました。



しかもそれを他の生物が浴びてしまい、巨大化してしまいました。

サンプルはいろんな動物のDNAを混ぜたもののようで、
巨大化はその影響の一つでした。

ジョージは大きくなったことと回復力が上がったこと意外変化は見られませんでした。

でも狼は背中に棘が生えムササビやモモンガのような飛膜が生えていました。

ワニはエリマキトカゲのような襟巻きとしっぽがアンキロサウルスのように
なっていました。

つまり、トゲを付けたハンパーのような感じになっていました。



ジョージは政府機関に捕獲されてデイビスとケイトも捕まってしまいましたが、
この時点では彼らが存在を知っていたのはジョージだけみたいですね。

ワニの存在は現れるまで誰も気づかなかったようです。

狼はワイデン姉弟が最初に見つけ捕獲を試みましたが失敗していました。

もしこのとき捕まえていれば、低周波を出すこともなく、ジョージは
政府機関のもと処分されて終わっていたかもしれません。

まあワニが暴れてどこかの街は破壊されたかもしれませんけど、
ワイデン姉弟にFBIなどが手をのばすことはなかったかもしれません。



ジョージを助けるためにデイビスとケイトは解毒剤を取りに向かいましたが、
解毒剤を投与してももとに戻るわけではありません。

それなら鎮静剤といったほうが正しいような気がします。

実際、ジョージは薬を摂取して、我に返ったわけですから。

クレアのバッグに解毒剤を仕込み、クレアごと食べさせるという、
なんともエグい投与の仕方をしていました。

ジョージは街で暴れまわっても人を食べている様子はありませんでしたので、
唐突すぎてびっくりしました。



ちなみに、弟の方は途中で逃げ出し、ボルノ1階でラッセルと遭遇、
資料などを置いていけば罪に問わないと言われていろいろ差し出し。

そして外へ出た直後に瓦礫に押しつぶされていました。

勧善懲悪ということでしょうか。

弟はともかく、姉はもうちょっとどうにかならなかったのかなと思わなくも
ありません。



我に返ったジョージはデイビスと共に狼&ワニに立ち向かい、狼は
ワニを利用して倒すことができました。

飛膜で飛ぶからもっと手こずるかと思いましたが、メインの巨大怪獣は
ワニということなのでしょうか?



和には体が固く、かなり手こずりました。

ジョージはしっぽにやられたりして、鉄骨が腹部に刺さって一瞬戦闘不能に。

デイビスはジョージを助けるために墜落したヘリの機関銃やロケットを使って
注意を引き、復活したジョージが倒しました。

自分を刺し貫いていた鉄骨をワニの目に突き刺していました。

数多に突き刺せば楽に死なせることができただろうにと思いましたが、
ロケットも大丈夫な体では鉄骨のほうが折れていたかもしれません。



その後ジョージはデイビスとケイトに見守られながら息を引き取った、
ように見せて実は死んだふりをしただけでした。

ジョージのジョークだったようですが、デイビスでなくとも怒るでしょう。

そしてその後デイビスとケイトは付き合っているのかのようなことを問いたり、
中指を立てるより下品なジェスチャーをしたり。

正直、ゴリラというよりサンプルの影響で巨大化した人がゴリラのきぐるみを
着ていると言ったほうが説得力があるような気がしました。



全体的にジョークがちょっとしつこかったかなと個人的には思います。

でもシリアスになり過ぎず適度にいい加減で面白かったです。

筋肉俳優は元軍人とか軍人とかの設定が多いですが、動物学者
というのは新しいですよね。

まあ元軍人という設定ですけどね。



動物学者になったのは、軍人時代にゴリラの密輸を阻止して
その時出会ったがジョージだったそうです。

軍人時代はおもに動物の保護をしていたようです。

特殊部隊と言っていましたが、いろんな部署があるということですかね。


関連記事
白鯨との闘いネタバレ クリス・ヘムズワース、トム・ホランド共演
シグナル映画ネタバレやあらすじ視聴感想
小さな世界はワンダーランド はcgが多用されたドキュメンタリー
映画『ライフ』ジェイク・ギレンホール主演SFホラー
カニングキラー殺戮の沼のネタバレと感想





スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。