So-net無料ブログ作成

新感染ファイナルエクスプレス 感想やあらすじ [ホラー]

新感染ファイナルエクスプレスを視聴したので感想やあらすじを
書きます。
※ここから先はネタバレしています。

映画『新感染ファイナルエクスプレス』の予告




韓国映画は『グエムル』以来かもしれません。

タイトルがあまり興味をそそるものではなかったので
スルーしていました。

しかし視聴する機会があったので見てみようかなと。

以下あらすじです。
ファンドマネージャーのソグは仕事ばかりで妻と別居し 娘のスアンと母と一緒に暮らしていました。 スアンの誕生日の日母に会いたいというスアンのために 釜山に住んでいる妻の元行くことにしました。 翌朝、2人が乗ったソウル発釜山行きには サンファと妊娠中の妻ソンギョンの夫婦や高校生野球チームや 高齢姉妹、高速バス会社の常務であるヨンソクなどが乗車していました。 発射直前に一人の女性が乗り込み、スアンはホームで駅員が 襲われるのを目撃しましたがほかの人は気づきませんでした。 直前に乗り込んだ女性の足には噛み跡があり、女性は 変異して周囲の人を襲いだします。 異変に気づいた乗客たちが他の車両へ移動しますが、感染者は 爆発的に増えました。 ソグは変異した人が自力でドアを開けられないことと人を見ると 襲うということに気づき、対策を施します。 次の駅で車外に逃げられると思っていた乗客たちでしたが 車掌が止まらないとアナウンスし、別の駅へ向かいます。 ソグは仕事で知り合った軍人を頼り、自分たちだけ助かろうとする 父を咎めますが、父は聞く耳を持ちません。 駅に到着しソグたちは他の人から離れ別の出口へ向かいます。 高速バス会社の常務であるヨンソクは政府とのコネで現在いる駅が 安全ではないと車掌に出発するよう促しますが、断られました。 やがて感染した軍人が人々に襲いかかり、生き残った人々は 列車に戻りますが、はぐれてしまいました。 スアンと妊婦ソンギョンが別の車両のトイレに隠れていると知った ソグとサンファ、野球部員ヨングクは合流を目指します。 感染者たちを倒しながら進み、それぞれ無事合流し他の 生存者たちがいる車両へ移動。 しかしヨンソクは他の生存者たちを味方につけ感染の可能性がある ソグたちの侵入を防ごうとします。 ソグたちはなんとかドアを突破しましたが、サンファと高齢姉妹の姉が 犠牲になってしまいました。 ソグは自己中なヨンソクを非難しますが、ヨンソクは激昂し他の乗客も同調して 彼らを連結部へ追い出しました。 自分たちの事しか考えていないと高齢姉妹の妹は感染者が群がるドアを開け、 車両内に感染者たちがなだれ込みました。 線路が塞がれていたため列車は途中で停車、車掌は 別の列車で釜山に向かうと知らせ、ソグたちは周囲を伺いながら 車外へ。 車掌は安全な列車を発見、野球部員のヨングクと彼女のジニも車両を見つけ 向かおうとしますがドアが開きません。 窓をわろうと試みていると感染者に追われているヨンソクが現れジニを犠牲にし、 ヨンソクは窓を割って脱出、ヨングクは悲しみに暮れジニに襲われました。 車掌の乗る列車を目指すソグたちでしたが、暴走した列車が別の列車と衝突し 巻き込まれてしまいます。 列車の隙間に収まったソグたちはホームレスが自ら犠牲となり脱出に成功しました。 ヨンソクは列車を目指し走りますが感染者に襲われ、それを目撃した車掌は助けに向かい 感染者に襲われますが、ヨンソクは車掌を見捨てて列車へ。 ソグたちもなんとか列車に乗り込みましたが、感染したヨンソクがいてソグたちに 襲いかかってきました。 ソグとソンギョンがヨンソクと格闘、ソグはヨンソクに噛まれながらもヨンソクを列車から 落とすことに成功。 機関室にてソンギョンに列車の停め方を教え、スアンにソンギョンといるよう告げて、 列車から身を投げました。 ソンギョンとスアンは釜山のバリケードまで到着、線路を歩きながらスアンは歌を歌い、 銃を構えていた兵士は生存者と判断し2人は保護されました。




だいたいこんな感じですが、所々
映画『ワールド・ウォー・Z』を思い出させます。

題材が同じで主人公が父親なので、仕方がないともいえますけど。



映画『ワールド・ウォー・Z』は主人公は国際危難で働いていたのに対し
こちらは民間人です。

こちらのほうは群像劇なのに対し、あちらは1人の英雄を軸に描いている
ところがあります。

兵士たちが英雄的な行動を取るあちらの映画より、人のエゴや醜さを描いた
映画『新感染ファイナルエクスプレス』のほうが現実的かなと。

ヨンソクみたいなキャラはパニック映画には度々登場しますが、
ここまで自己中な人はなかなかいないかなと思います。

ヨンソクに同調する人たちはドラマ『ヒーローズ・リボーン』に同じような感じの
人たちが登場していました。

いざという時、こういう人たちのようにはなりたくないな~と、毎回思います。

まあわかりませんけどね。



高齢姉妹の姉はヨンソクたちがソグたちが社内に入るのを邪魔したために犠牲となりました。

ソグたちを追い出した後入ってこられないようドアを塞いでいるのを見て、
高齢姉妹の妹は彼らを見下げ果てていました。

自分より人を思う姉が人より自分の連中のせいで感染者になったことが許せなかったのでしょう。

高齢姉妹の妹は感染者がいるドアを開けて、車内に感染者がなだれ込みました。

ソグたちのいる側は開けられないようにしてしまいましたが、ヨンソクと駅員は
トイレに隠れて助かりました。

どうやってそこまで逃げたのでしょう?

しかしヨンソクはここでも卑劣で、一緒に逃げた駅員を生贄にして自分は逃走しました。

ここまでくるといっそすがすがしいですが、こういうやつは最後の最後でダメなんですよね。

大抵の映画やドラマではそうだし、この映画でもそうでした。



感染の始まりはソグたちが投資していた会社かららしく、最後のほうにソグの部下が
私たちは自分の利益のためにうんたらいうシーンがありました。

ソグはあれを聞いてどう思ったのでしょう?

どんな会社なのか不明なので、投資をしたことで罪悪感を感じる必要はないのかなと
思わなくもありません。

まあその金がなければこのパンデミックは起こらなかったのかもしれません。

しかし、彼らが投資をしなくても他の人が投資を行って同じことが起きていたと
思います。

まあだからといって彼らに全く責任がないというわけではありませんけどね。



感染者たちは人を襲いまくりますが、
自力でドアを開けられない・暗闇では動きを止める・音に反応する
という設定は珍しいですね。

映画『ドーン・オブ・ザ・デッド』では半開きのドアを開けるシーンがありました。

映画『ドーン~』もゾンビは全速力で走りますね。

いつごろからゾンビは走れるようになったのでしょう?



ソグは他人より自分が助かることだけを考えろと娘スアンに言い聞かせていますが、
スアンはその考えが嫌いみたいでした。

自分勝手な親に育てられていても子どもは真っ直ぐ育つ、ということでしょうか?

スアンと離れ離れになり、サンファやヨングクと協力するうちに仲間意識が
芽生えたようで、最初の頃と最後の方では性格が変わっていましたね。

最後、感染者となった時、列車から飛び降りる前にスアンが生まれて抱っこしている
ときのことを思い出していました。

彼にとってスアンがどれほど大事だったかを象徴するシーンで、
ちょっと泣けました。



ソンギョンとスアンは釜山付近で列車が進めないため線路を歩き、
それを遠くから確認した兵士は銃を構えました。

感染者か生存者かわからなかったためで、兵士の上司は射殺を命じましたが、
スアンの歌で生存者と判明。

スアンが歌を歌っていなかったら2人とも射殺されていたんですね。

スアンが歌を歌ったのは父のためでしょう。

父のために歌を練習したけど発表会に父が来なかったため途中で歌うのをやめたという
経緯があります。

2人が助かったのはソグのおかげともいえますかね?



あまりアジア映画は見ませんが、たまには良いかもと思いました。

DVD/BDを買うほど良かったとは思いませんでしたが、TVで放送されたら
録画するかリアルタイムで見たいなと思いました。

以上です。

関連記事
レッドドーン 感想やあらすじ北朝鮮がアメリカ全土占拠
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女のあらすじと視聴感想
ヴァンパイア・アカデミー ネタバレと感想
REC1・2・3・4の動画あらすじと視聴感想
RECザ・クアンランティン1&2(ハリウッド版)視聴した感想




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。