So-net無料ブログ作成

イット・フォローズのネタバレやあらすじ感想など [ホラー]

映画『イット・フォローズ』を視聴したので感想を書きます。
※ここから先はネタバレしています。


映画『イット・フォローズ』は興味があったのですが、
機会がなく見られませんでした。

しかし最近dTVで見放題配信が開始されたので、
真っ先に視聴しました。


現在dTVで見放題配信されています。

興味のある方はどうぞ。
↓  ↓  ↓

※本作品の配信情報は2018年1月6日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

でも思っていたのとちょっと違いましたね。




彼氏ヒューと関係を持った主人公ジェイは あるものをうつしたとヒューに告げられます。

椅子に縛り、追ってくる何かから逃げるよう 忠告してヒューはジェイを家に連れ帰って 逃走しました。


ヒューは行方知れずとなり、 傷心のジェイの前にそれが現れました。

それを振り切ったジェイは妹ケリーと幼馴染ポールのもとへ。

事情を説明したジェイ、ポールは泊まりに行くと告げ 友人ヤラと4人で一晩過ごします。

夜、それがジェイのもとに現れジェイは家を飛び出し 近くの公園へ。

妹たちはジェイを追いかけ、異変を察知した友人グレッグの 協力でヒューを捜索しました。


ヒューを発見し本名ジェフと判明、ジェフは行きずりの女に うつされたと打ち明けました。

肉体関係を持つと相手に移すことが出来るとジェフはジェイに 誰かに移すことを勧めました。

グレッグの別荘へ移動した一同はしばしリラックスするもそれが 現れ、ジェイはパニックになり車で逃走を図ります。

しかし事故を起こして骨折し入院、 入院中にグレッグと肉体関係を持ちました。


数日後グレッグの家にそれが侵入、グレッグは殺害されてしまいました。


ジェイたちは郊外のプールにそれをおびき寄せますが、現れたそれは ジェイたちの企てに気づき攻撃をしてきます。

ポールが銃でそれに発砲、被弾したそれはプールに落下しました。

そのスキにプールに入っていたジェイは上がろうとしますが、 それに足を掴まれて水中へ。

ポールがさらに発砲してそれに再び命中、ジェイはプールから 上がることが出来ました。


家に帰った一同、ジェイとポールは肉体関係を持ち、 後日二人が手を繋いで歩いていると後ろから歩いてくる人影がありました。




イット・フォローズの予告




視聴した後に思ったのは
なんか違う、でした。

思っていたのとはちょっと違いましたね。

最初の出だしはJホラーみたいですが、
後半はアメリカのホラーという感じかなと。



追いかけてくる『それ』は様々な姿を取りますが、
喋りません。

予告では『ゆっくりと歩いてくる』とありますが、
歩くスピードは普通くらいです。

移された人だけではなく、移した人もずっと見えるみたいですね。

ヒュー改ジェフが言っていました。

まだ見えると。

「まだ見える」ということは、移した後行方をくらませていましたが、
ジェイが追いかけられるのを見ていたということですよね。

どこから見ていたのでしょう?

ジェイはジェフと肉体関係を持った後、下着姿で家に前に捨てられ
警察沙汰になりました。

ジェフは捕まりませんでしたが、ジェイを監視できるほど側にいたのなら
警察に捕まりそうなものですけどね。

まあ肉体関係は同意の上だから、ジェフが
起訴されることはないでしょうけど。



迫りくる『それ』を見ることが出来るのは移された人と移した人のみ
です。

しかし幽霊の類ではないみたいですね。

なぜならビーチでジェイが襲われた時、妹は姉の髪が浮くのを目撃
したし、ポールは椅子で殴りつけて吹き飛ばされていました。

椅子は見えない何かにぶつかって壊れ、吹き飛ばされたポールの
腹には爪痕だかが付いていました。

見えるのも怖いだろうけど、見えないというのも怖いですね。




入院中にグレッグに移したジェイでしたが、
すっかり塞ぎ込んでいました。

一応大学生みたいですが、部屋に篭っていると妹は言っていましたから
休学したのかもしれません。



移されたグレッグは普段撮り大学へ行き、
友だちと楽しく過ごしていました。

ジェイが襲われた時、1人だけ離れていたからジェイの髪が浮くところや
ポールが吹き飛ばされるのを目撃していません。

だからか、他の人より危機感が薄いようにも見えましたね。

ジェイが『それ』を目撃してグレッグに電話しますが出ないし、
家に行ってドアを開けるなと叫んだのに開けるし。



ポールの発案で郊外のプールへ向かい、彼らはプールサイドに
家電製品を並べ立てました。

ジェイはプールの中心に佇み、それを待ちます。

どうやら彼らは『それ』を感電死させるつもりみたいですね。

見えないけど物体がぶつかることが出来ると分かっていますから、
電気攻撃も有効かもしれません。

しかしジェフが動きは鈍いが頭はいいと言っていたとおり、
『それ』は一同の企てに気づきました。

プールサイドに置かれた家電をプールの中心に佇むジェイに
投げつけたんです。

家電はプラグがコンセントにささっていたから
感電死の恐れがありましたが大丈夫でした。

まあ『それ』がプールに入っても倒せないということですけど、
数を入れれば倒せたのかな?

ドライヤーやアイロンからTVなど大型の家電もあって
直撃したら危険ですね。

実際ジェイは小さい家電にあったって頭部から出血していました。



ポールはジェイに『それ』がいる方向を指すよう指示、
妹が布をかけてそれを見えるようにしてポールは発砲。

それはプールに落下しました。

『それ』に当てる前にもポールは発砲していて、友人ヤラが
被弾してしまいました。

足でしたが、腹部などだったら危険でしたね。



ポールに落ちた『それ』はジェイの足を掴み水中へ。

ポールが数発発砲して再び命中、ジェイは引き上げられました。

ジェイはポールを覗き込み、プールの水はみるみる赤く染まっていきました。



グレッグの別荘のビーチで『それ』に襲われたジェイは何発は
発砲していて1発頭部に命中していました。

しかし『それ』が倒れることはなく、一瞬ぐらついた程度でした。

かすっただけとも思えますが、人なら倒れていると思います。

物理攻撃は有効だけど、痛みを感じない、ということでしょうか?



後日、ジェイとポールは肉体関係を持ち、
何事もなく過ごしている様子でした。

でも手を繋いで歩く2人の後ろから歩いてくる人物がいましたね。

直前まで2人の後ろには誰もいなかったのに。

つまり、物理攻撃では倒せないということですね。

まあ後ろを歩いてくる人物が『それ』ならの話ですけど。



ポールはジェイト関係を持った後、車で街角に立つ女性たちを
見ていたから、誰かに移したのかと思いました。

でも2人の後ろを歩いている人物が『それ』なら
グレッグは誰にも移さなかったということですね。



『それ』は一体何なのでしょうね?

始まりがどこなのか、なぜ始まったのか知りたいです。

でもこの手の作品は続編は作られないでしょうから、
一生知ることは出来ないですね。



Jホラーとアメリカンホラーが融合した感じです。

最初はJホラーで途中からアメリカンホラーになった
という感じですね。

設定は面白いです。

でも物理攻撃が可能なら、人にぶつかることもあるでしょう。

それならもっとネットなどで話題になっていてもいいと思うんですよね。

映画『ファイナル・デスティネーション』では何作目かにネットに
そういう情報がアップされていたというシーンがあったと記憶しています。

まあ記憶違いかもしれませんが。



ともかく、思っていたのと違ったというだけで
面白い映画だなとは思いました。

主演のマイカ・モンローは可愛かったし。

カイトボードというスポーツのプロ選手らしいですね。

グレッグ役のダニエル・ソヴァットはどこかで見たことがありますが
思い出せませんでした。

調べたところドラマ『エージェント・オブ・ザ・シールド』に出演していた
ようです。

それと映画『ドント・ブリーズ』にも。

この映画も興味があるのですが、予告が怖くて見に行けませんでした。

dTVで見放題してくれたらなと願っています。


現在dTVで見放題配信されています。

興味のある方はどうぞ。
↓  ↓  ↓

※本作品の配信情報は2018年1月6日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

関連記事
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女のあらすじと視聴感想
映画『ライフ』ジェイク・ギレンホール主演SFホラー
REC1・2・3・4の動画あらすじと視聴感想
人狼ゲームビーストサイド 映画 ネタバレやあらすじ感想
青鬼ver.2.0映画無料だったので視聴したネタバレ初心者向け





スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。