So-net無料ブログ作成

ピッチパーフェクトあらすじと視聴感想 [映画の視聴感想]

映画『ピッチパーフェクト』を視聴したのであらすじと視聴感想を書きます。
※ここから先はネタバレしています。


アナ・ケンドリック主演映画『ピッチパーフェクト』は大ヒットして
続編が制作されましたよね。

その2作目もヒットして3作目の制作が決定しています。

アメリカ公開は017年12月ですので、日本公開は
もう少し先ということですね。


アナ・ケンドリック主演映画『ピッチパーフェクト』の1作目のあらすじは
以下のとおりです。
DJになるためにL.A.へ行きたいが 親の許しが出なくて大学進学をしたベッカ。 構内ラジオ局でアルバイトをするベッカはシャワーの時 歌を歌い、たまたまそこにいたクロエから アカペラグループ『バーデン・ベラーズ』に誘われました。 ベッカはオーディションを受けて『バーデン・ベラーズ』に入り 個性的な新メンバーたちとリーダーのオーブリーから厳しい指導を受けます。 オーブリーは男性アカペラグループ『トレブルメーカーズ』をライバル視しており 彼らと関係を持ったと新メンバーを2人クビにしてしまいました。 古い歌などグループの伝統にこだわるオーブリーと何かと対立するベッカ。 予選で勝手なことをしたとしてグループを追い出され、 構内ラジオ局で一緒にアルバイトをする男性アカペラグループ『トレブルメーカーズ』で 惹かれ合っているジェシーに八つ当たり、険悪になってしまいました。 そのころ『バーデン・ベラーズ』はオーブリーの厳しすぎる指導でメンバーはバラバラ状態 になっていました。 自身が通う大学の教授である父に相談し、ベッカは『バーデン・ベラーズ』メンバーに謝罪 一同地震の秘密を打ち明け合い結束を高め、ベッカがリーダーに就任。 新生『バーデン・ベラーズ』として大会に参加し優勝、 ベッカはジェシーと仲直り、キスしました。




ピッチパーフェクトの予告(日本語字幕)




正直、ミュージカルは苦手であまり興味はなかったのですが
3作目も作られるからと視聴してみました。

ミュージカルといってもアカペラだし、
街中やカフェで突然歌い出す訳でもありません。

だからでしょうか、楽しめました。



私が知っている人はアナ・ケンドリックのほか
レベル・ウィルソンくらいでした。

ブリタニー・スノーとエリザベス・バンクスは名前だけ。

あと最後の最後に新入生のオーディションの司会を努めていた
痩せている方は別の映画で見たことがあります。

たしか映画『フライトナイト/恐怖の夜』で主人公の友達役で
出演していました。



ベッカは反抗期がそのまま大学生になったような感じで
ちょっと近寄りがたい雰囲気ですね。

ですが、ベッカと同室になった韓国系の女の子のほうが
数倍近寄りがたかったです。

同郷とばかり仲良くして、ベッカには冷たい態度をとっていて
アメリカ人からすると韓国人はああいうふうに見えるのかなと。

あまり気にしていないベッカはすごいというか
他人にあまり興味が無いのかもしれません。

でも構内ラジオ局で一緒に働くジェシーとは
気が合うのかあっという間に仲良くなりました。

『トラブルメーカーズ』を敵視しているオーブリーは
すぐにベッカとジェシーのことに気づきましたね。

勘がいいというかちょっと怖いですが、予選で突然アドリブを入れたりする
ベッカの度胸もすごいですよね。

結局追い出されてしまいましたが、最終的にオーブリーもベッカのことを
認めていました。

オーブリーが伝統を重んじ、懐メロばかり選んでいたのは失敗したらそこで終わり
という父のプレッシャーが原因だったようです。

プレッシャーから開放されたとは随分晴ればれと歌っていました。




自分のことを「太っちょエイミー」とよばせているエイミーは
ベッカの良き理解者というところですかね。

ベッカのアドリブに付き合ったり、ベッカを擁護したりする発言が
結構ありました。

ベッカはあまり大学に関心がない様子でしたが、こういう出会いがあるのなら
大学も良いものですよね。

私は大学、通いませんでしたが。



『バーデン・ベラーズ』はオーブリーのあり得ない失敗により
窮地に立たされていたようですが、大会を優勝できて何よりでした。

オーブリーが皆に厳しくベッカの意見に一切聞く耳を持たなかったのは
自身の失敗も原因だったのかもしれません。

子供の頃言われたことっておとなになっても強く影響するものですよね。

第2作目ではオーブリーは卒業してキャンプ場で働いているようですが、
あの指導力はベッカにも必要な部分はありますかね。

新しいリーダーとしてベッカはやっていかなければならないわけですし。



映画には『トラブルメーカーズ』のリーダーがエイミーに食べ物を投げるシーンがあります。

日本ではなかなか見られないシーンで、日本でそんなことをすれば
批判されますが、アメリカでは時々見られますよね。

正直、不快になるから止めてほしいですが、こういうシーンの他、
食べ物を捨てるシーンもちらほら見かけます。

以前ハリウッド俳優たちが5秒に1人餓死していると訴える映像を見たことがあります。

それを訴えるのならもっと食べ物を大切にすればいいのにと思いますが、
文化の違いなのでしょうね。



全体的に明るくテンポ良く進むし、歌が本当に素晴らしいです。

ミュージカルが苦手な人でも構えることなく見られると思いますね。

まあミュージカルアレルギーの人はどうかわかりませんが、
これは映画館で見てみたかったです。

第3作はこれからだし、公開前に2作目を見る機会があったら
3作目は激情で見ようかなとか考え中。


現在dTVで見放題配信されています。

興味のある方はどうぞ。
↓  ↓  ↓

※本作品の配信情報は2017年11月24日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

以上です。

関連記事
ヴァンパイア・アカデミー ネタバレと感想
キッズオールライトのネタバレジュリアン・ムーアとミア・ワシコウスカ共演
ブルーミントンの恋動画のあらすじや見た感想
映画12モンキーズのネタバレブルース・ウィリス ブラッド・ピット共演作
ロシア映画クローズ・デイ ネタバレ感想 ライトノベルのような映画




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。