So-net無料ブログ作成

映画 モンスターズ 地球外生命体の視聴感想 [アクション]

映画 モンスターズ 地球外生命体の視聴感想です。
※ネタバレしています。
モンスターが登場する映画はたくさんありますが、それとはちょっと雰囲気が違いますね。

モンスター映画では戦うか逃げ惑うかです。

この映画もモンスターから逃げていますが、頻繁にモンスターが襲い掛かってくるというわけではありません。

至近距離まで近づいてくるシーンがいつくかありますが、手を出さなければやり過ごすことが出来ます。

人が出を出すから向こうも暴れる、大きな動物を相手にしているという感じですかね。



NASAが地球外生命体のサンプルを回収したけど、メキシコ上空で爆発してしまい、直後に未確認生物が目撃されるようになります。

タイミング的に目撃された未確認生物は地球外生命体で、原因はNASAですね。

おかげでメキシコの大半は危険地帯に指定され、アメリカは地球外生命体の侵入を防ぐ食べを建設しました。

トランプアメリカ大統領はメキシコとの国境に壁の建設をすると息巻いていましたが、現実に壁が建設されたらあんなふうになるのかなと。

鎖国してしまえば彼らが問題だと言っていることの大半は解決できると思うのですが、影響力が落ちてしまうからそれは出来ないんですかね。

大変ですね。



スクープを求めてメキシコ入りした新聞カメラマンのコールダーは社長令嬢サムが怪我をしたと聞いて病院に急ぎ、安否を確認。

電話で無事を伝えるとアメリカまで送り届けるよう指示され反発します。

コールダーはメキシコ入りするのにずいぶん苦労したようで、スクープを撮影していないのにサムをアメリカまで送り届けるよう言われてしまったようです。

サムはなぜメキシコに来たんでしたっけ?

コールダーが尋ねていましたが、サムは答えていませんでしたよね?



サムは手を痛めただけで済んだようですが、宿泊していたホテルは半壊状態でしたから、奇跡的という感じです。

社長直々に連れ戻すよう命令されたコールダーはアメリカ行きのフェリーが出る港まで付き添います。

港に行くまでが大変で、列車に乗りましたが危険だからと途中で引き返し、引き返すなんてと2人は列車を降りて歩き、途中民家に泊めてもらいます。

この映画は許可を取らずに撮影されたもので、エキストラは現地の通りすがりの人々らしいですよ。

許可を取らずに撮影というのはどうなのでしょう?

許可をとっても普段の様子は撮影できそうなものですけどね。



ヒッチハイクをしてバスに揺られて港に到着、バカ高いチケットを1枚買い、2人はモーテルに宿泊。

観光したり酒を飲んだりして楽しみ、サムをモーテルに送り届けたコールダーは再び市場へ行って酒を煽って女性をお持ち帰り。

翌朝サムがフェリーの前にコーヒーでもと誘いに来ますが、女性がいることに気づいたサムはさっさと港へ。

コールダーは追いかけ、自分がサムのパスポートを持っていることを思い出して引き返しますが、時すでに遅しでした。

一夜を共にした女性がパスポートも財布も盗んで姿をくらませていたんです。

不用心にもほどがありますが、寝ぼけていたしサムは腹を立てていたしで、そこまで気が回らなかったということですかね。

というか、なぜコールダーはサムにパスポートを返さなかったのでしょう?



2人は再びチケットを求めますが、最後のフェリーはすでに出向してしまい、軍が港を封鎖していてどうすることも出来ません。

陸路ならあると言われますが、危険なため料金が高く、コールダーは握ろうとしますが相手は応じません。

まあ他に道がないんだから応じないのは当然ですよね。

しかし1人1万ドルは高い。

サムが婚約指輪を差し出し2万以上するものだと告げ、それなら二人分とコールダー、店員はそれでいいと応じて交渉成立。



2人は車で移動、検問を越えて船で移動します。

船までは危険な様子はありませんでしたが、かなりの距離を移動しています。

しかも悪路で私は乗り物に弱いから、確実によっていると思います。

画面がほとんど揺れていないので見ていて気分が悪くなることはありませんが、主観撮影物は気分が悪くなることがあります。



船で護衛をしてくれる武装集団のもとまで向かい、そこからは陸路で進みます。

彼らのもとに到着する前に、1回モンスターと遭遇しましたね。

墜落したであろう戦闘機が水面に現れたかと思ったらその下からモンスターが現れ、戦闘機を水中へ引き込んでいました。

あれって戦闘機で遊んでいたのでしょうか?

モンスターはチカチカ光っていましたが、この映画に登場するモンスターはみんな光るみたいです。

結構キレイだなと思ったりして。



陸路を移動中のコールダーとサムはモンスターが卵を機に植え付けると聞いて案内してもらいます。

モンスターは大きいのに卵はとっても小さいんですね。

形はきのこみたいでしたが、卵のうちから光るようで、カメラのフラッシュや触ると光っていました。

ただコールダーが触った時、刺激が卵から卵へ伝染していっていました。

あれはどうやら危機を伝えていっているようで、程なく襲われてしまいましたね。

最初に襲われたのは合流する予定だった家族とその護衛で向かった武装集団です。

無線でそれを知った彼らは車に乗りこみ進みましたが、途中でモンスターの襲撃を受けました。

男たちは武器を持って応戦、コールダーは機転を利かせ車の明かりを消し、お陰で襲われませんでしたが、2人以外やられてしまいましたね。

大きさが違いすぎてマシンガンだかライフルだかは全然効いていないようでした。



残された2人は森や平地を歩き、なんとか壁に到着しますが、壁には誰もおらず。

近くの街は襲われた形跡が残っていて、探し回ってようやく住民を発見しますが、まともに会話できる状態ではありませんでした。

まともではなかったから置き去りにされたのかもしれません。



2人は避難経路と書かれた標識が立っている道路を歩き、電気の付いたガソリンスタンドを発見、電話をかけて助けを求めます。

救助の軍が来るまでの間、2人はそれぞれ電話をかけてくつろいでいる様子でした。

しかし、そんな2人のもとにモンスターが接近。

雷がなっていたから足音に気づかなかったのかもしれません。

店内にいたサムが気づいたときには触手が店内に入り込み、サムは静かに避難します。

コールダーも気づきましたが、武器を持っていないからか静かに見守ります。

まあ、下手に騒ぐと中にいるサムに危険が及ぶかもしれませんしね。



どうやら電気に反応している様子で、モンスターはTVに興味を示していました。

サムがTVのスイッチを切ったらさっさと店から出ましたね。

そして別のモンスターが現れ、お互い鳴きながら触手を絡ませあっていました。

低く鳴いているほうがオスで高いほうがメスなのかな?

モンスターたちが離れて、暗闇に消えるまでコールダーとサムは無言で見つめていました。

モンスターたちを見届けたあとサムは「帰りたくない」と言っていましたが、何を思ったのでしょう?

コールダーも同じ気持ちだったのでしょうか?

だからキスをしたんですかね?

結局2人は救助に来た軍人たちにピックアップされましたけど。

映画はそこで終わっていましたが、冒頭で民間人を乗せた軍の車両がモンスターに襲われていました。

あれってコールダーとサムですよね。

2人のところに向かっている時、軍人の1人が歌を歌っていましたが、冒頭に登場した軍人も同じ歌を歌っていました。

モンスターの攻撃を受けてコールダーはサムを抱きしめながら助けを求めていました。

サムはぐったりしていて動かず、ひょっとしたらすでに絶命しているのかもしれません。

彼らを襲撃したモンスターはガソリンスタンドで2人が目撃したモンスターのようでした。



モンスター映画でもパニックに陥った人々を移すというより、日常を移しているという感じがしました。

現実にモンスターはいませんが、出入りが難しい国というのはあるし、そういう現実を描いている映画なのかもしれません。

続編があるそうなので、機械があったらみたいですね。


モンスターズ/地球外生命体の予告(字幕)



この映画dTVで視聴することが出来るので、興味のある方はどうぞ。
↓  ↓  ↓

※本作品の配信情報は2017年9月13日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。


関連記事
映画 モンスターズ 地球外生命体のネタバレ
キャビン 映画のネタバレ定番な展開だけどちょっと違うホラー
ワールド・ウォーz無料視聴出来たので視聴感想
リアル鬼ごっこ(2015年映画)ネタバレ女子高生がターゲットでグロいシーンもけっこうある


モンスターズ / 地球外生命体 [Blu-ray]

モンスターズ / 地球外生命体 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray



モンスターズ / 地球外生命体 [DVD]

モンスターズ / 地球外生命体 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました