So-net無料ブログ作成

ももクロ出演映画『シロメ』の視聴感想ももクロファン必見映画 [ホラー]

シロメ.jpg


ももクロ出演映画『シロメ』を見たので感想を書きます。
※ネタバレしています。
2010年8月に公開された映画『シロメ』は当時のももクロ6人が主演した映画です。

内容はアイドルグループがシロメという怪物が出ると噂のある廃墟でTVの収録を行なうというものです。

設定はシンプルでドキュメンタリーのように撮影されていますが、どうやらこの映画は『ドッキリ』みたいです。

テレビ番組の企画として撮影されたようです。

雰囲気から察して廃墟や怖い話をしている場面はドッキリで、自己紹介をしていたり都市伝説を話していたりするシーンは台本、なのだと思います。



夢を叶えるために願いを叶えてくれるシロメのもとへ行こうという企画で、ももクロ6人でシロメが出るという廃校へ行くことになりました。

この時は無邪気に企画に乗り気だったももクロですが、シロメの事を話してくれる人が現れ、話し出して表情が強張っていました。

途中怖い話をしている人の体調が悪化、ももクロは悲鳴を上げ泣き出す人も出ます。

最初見始めた時、ドッキリだと知らずに見ていたので、ももクロは演技すごく上手なんだな~と思ってみていました。

一旦撮影は中断されましたが再開、ももクロは明るくシロメのもとに行く意気込みを一人ひとりカメラに向かって語ります。



その晩、スタジオに泊まることになったももクロ、1人霊感があると告げ異変を訴えます。

正直、ももクロのファンではないので誰が誰か分かりません。

でもこういうドッキリを見るたびに、やりすぎなのではと思っちゃいます。

本気で泣いていましたし。



でもこれはドッキリだけではないんですよね。

眠っている彼女たちの内一人が夜目を覚まし、再び眠ろうとして奇妙な音を聞いて再び起き上がり周囲を伺い、布団に入ります。

この時、カメラの奥で眠っていた他のメンバーの腕を何かが持ち上げる映像が入っていました。

腕を持ち上げられていたのは霊感があると訴えていたメンバーです。

こういうシーンはドッキリだと知らされてから撮影されたのでしょうね。

じゃないと無理な気がします。

しかしCGを使うのはいいけど、妙な生き物を描き込むのはどうかと思う。

まあ怪奇現象を自然に登場させるのは大変だろうけど、個人的には音や物を落とすということだけにしたほうがいよかったのではと思います。



翌日、ももクロはバスで移動、シロメがいるという廃校にやってきました。

そこで前日、体調を崩した怖い話をする人が再び現れ再びシロメに関する怖い話をして再び体調を崩します。

今度は叫び声を上げてのたうち回り、ももクロに襲いかかろうとしました。

ももクロは当然悲鳴をあげます。

しかし、今回は霊能者や浄霊師がいたため、怖い話をする人はお祓いをしてもらい助かりました。

ももクロはスタッフにしがみついたりして本気で怯え、泣きまくっています。

やりすぎなのではと思いますが、ももクロは体を張って頑張るアイドルのようで、撮影はそのまま続行されました。



校内に入って捜索、途中霊能者や浄霊師がこれ以上進むのは危険だと告げてもスタッフが続行を告げ、ももクロとスタッフだけで進みます。

窓や壁を叩く音が響き、何も知らないももクロは相当怖いだろうに撮影は続行され、目的の場所に到着、ももクロはシロメがいるという部屋で新曲(なのかな?)を歌い踊りました。

途中ラジカセが壊れてもももクロは最後まで歌い、ライブの成功を願っていました。



最後、ももクロは呪われたのかもしれないというナレーターが入り、ももクロの1人がシロメに襲われるシーンで終わりました。

エンドロールで、ドッキリだと知らされたももクロは総じて笑顔を見せていました。

下手したらトラウマになりそうな企画ですが、よく耐えたものですね。



映画を見終わった感想としては、長い、ですかね。

ももクロのファンではないので、そう感じたのかもしれません。

ファンなら素のリアクションとか普段見られない彼女たちが見られるので楽しめるのかなと思います。

まあ心底怖がっているので、こんな企画をやらされてかわいそうと思ってしまうかもしれませんけどね。

この映画はプロジェクトパートナーズという、一般公募会員になってくれた人に金額に応じてエンドロールに名前を出す、宣伝会議や打ち上げパーティに招待、非売品DVDの配布などを行ったようです。

今で言うところのクラウドファウンディングですかね。

まあファンのために作られた映画というカンジがするので、ファンの人は必見ですかね。


2017年1月現在、ももクロ主演映画『シロメ』はdTVで見ることが出来ます。

他にも邦画・洋画・日本ドラマ・海外ドラマ・アニメ・MVなど見放題です。

ドコモユーザーでなくても利用できるし、PC・タブレットからも見ることが出来ます。

興味がある人は無料お試しもあるのでどうぞ。
↓  ↓  ↓  ↓


※本作品の配信情報は2017年9月13日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

関連記事
彼岸島(映画)のネタバレ山本耕史と水川あさみ共演の吸血鬼映画
少女は異世界で戦ったネタバレアクションは本格的だけど少女ではない
リアル鬼ごっこ(2015年映画)ネタバレ女子高生がターゲットでグロいシーンもけっこうある





スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました